伊賀焼窯元 長谷園

トップページトップページ お問い合わせお問い合わせ カタログ請求カタログ請求

かまどさん

動画紹介かまどさん三合炊きで、白米三合なら中強火で約13分・蒸らし20分で炊き上がります。火加減は必要ありません。炊き込みごはん・玄米も美味しく炊き上げます。伊賀の粗土が木のおひつの用に呼吸し、ごはんがベタつきません。

かまどさんのサイズ

イメージ1イメージ2イメージ3イメージ4イメージ5イメージ6

ご購入はこちらご購入はこちら

レシピはこちらレシピはこちら

美味しさのヒミツ

釉薬

遠赤外線効果の高い釉薬を使用しています。お米の芯まで熱が通り、ふっくらとしたごはんが炊き上がります。

肉厚成型

直火部分は肉厚成形の仕上げです。熱をしっかり蓄えて、穏やかに伝えます。保温性にも優れています。

二重ふた

二重のふたは圧力釜の機能を果たし、吹きこぼれも防ぎます。

おこげも

炊き上げ時間を1分前後延ばすと香ばしいおこげができます。

伊賀の粗土

伊賀ならではの粗土でできており、土鍋が木のおひつと同じように呼吸します。ごはんがべたつきません。

玄米も

炊き込みごはん・玄米も美味しく炊けます。

長谷園のこだわり

石膏型で成形

伊賀の土は400万年前の古琵琶湖層と呼ばれる土の層から採られます。この土を石膏型で成形します。

削り出し

職人の熟練した技が光る削り出し。石膏型から取り出された粗土の土鍋を丁寧にカンナで削り、鍋底の火に当たる表面積を増やします。

持ち手を付け

水でのばした土を糊にして、「耳」と呼ばれる土鍋の持ち手を付けていきます。

釉を施す

乾燥・素焼きを経た土鍋に手作業で釉(うわぐすり)を施します。

長谷園について長谷園について
伊賀本店伊賀本店
東京店イガモノ東京店イガモノ
主な製品のご紹介主な製品のご紹介
長谷園の書籍長谷園の書籍
伊賀焼について伊賀焼について

Q&A

土鍋全般について土鍋全般について
かまどさんについてかまどさんについて
蒸し鍋について蒸し鍋について
いぶしぎんについていぶしぎんについて
iボトルについてiボトルについて

公式通販公式通販

週刊webレシピ週刊webレシピ

facebookfacebook

twittertwitter

youtubeyoutube

公式通販公式通販

公式通販公式通販