伊賀焼窯元 長谷園


トップページトップページお問い合わせお問い合わせカタログ請求カタログ請求

トップページ > 長谷園のご紹介

食卓は遊びの広場だ

長谷優磁ごあいさつ

長谷優磁ごあいさつ長谷園は天保3年(1832)にこの地に築窯して以来、伊賀焼の伝統と技術を継承して参りました。「作り手は真の使い手であれ!」の精神のもと、文明とともに進化するライフスタイルを体に感じながら、常に時代を見据えたものづくりに専念しております。
“食卓は遊びの広場だ”を理念にかかげ、日本の食文化に少しでもお役に立てるよう日々精進して参ります。今に生きる伊賀焼の逸品をお楽しみください。

2011年に国の登録有形文化財として登録された「登り窯」「大正館」に続き、2014年には「主屋(母や)」「別荘」など12件が指定されました。
「登り窯」は天保三年(1832年)の創業時から昭和40年代(1970年代)まで稼動していたもので、かつてはこの16の部屋(窯)を焚き上げるには15〜20日間を要していました。この大きさ(16連房)の窯で、現存している登り窯は日本ではこれだけだといわれています。
「大正館」は大正時代に建てられ、10年前までは実際に事務所として使われていました。電話も金庫もそのままに、大正ロマンの面影をたっぷりと残しています。現在はゆったりとこの空間を堪能していただける休憩コーナーとして開放しています(伊賀焼カップ付コーヒー有)。
「主屋(母や)」「別荘」は代々長谷家の住居で、2001年まで現窯元が実際に暮らしていました。
いずれも明治・大正期の窯元の様子をよく伝えているとの評価をいただきました。改めて、これからも大切に使ってきいたいと思うばかりです。

大正館 大正館 母や 母や 母や 別荘

長谷園では記念レリーフ(陶壁画)の制作も数多く手掛けております。

会社概要

会社名 長谷製陶株式会社
代表者 代表取締役 長谷康弘
本社所在地 〒518-1325 三重県伊賀市丸柱569
電話 0595-44-1511
創業 1832年

長谷園について長谷園について
伊賀本店伊賀本店
東京店イガモノ東京店イガモノ
主な製品のご紹介主な製品のご紹介
長谷園の書籍長谷園の書籍
伊賀焼について伊賀焼について

Q&A

土鍋全般について土鍋全般について
かまどさんについてかまどさんについて
蒸し鍋について蒸し鍋について
いぶしぎんについていぶしぎんについて
iボトルについてiボトルについて

公式通販公式通販

週刊webレシピ週刊webレシピ

facebookfacebook

twittertwitter

youtubeyoutube

公式通販公式通販

公式通販公式通販